高度な機能

今までに、Rustプログラミング言語の最もよく使われる部分を学んできました。第20章でもう1つ別のプロジェクトを行う前に、 時折遭遇する言語の側面をいくつか見ましょう。この章は、Rustを使用する際に知らないことに遭遇した時に参考にすることができます。 この章で使用することを学ぶ機能は、かなり限定的な場面でしか役に立ちません。あまり頻繁には手を伸ばすことがない可能性はありますが、 Rustが提供しなければならない機能全ての概要を確かに把握してもらいたいのです。

この章で講義するのは:

  • Unsafe Rust: Rustの保証の一部を抜けてその保証を手動で保持する責任を負う方法
  • 高度なライフタイム: 複雑なライフタイム状況の記法
  • 高度なトレイト: 関連型、デフォルト型引数、フルパス記法、スーパートレイト、トレイトに関連するニュータイプパターン
  • 高度な型: ニュータイプパターンについてもっと、型エイリアス、never型、動的サイズ型
  • 高度な関数とクロージャ: 関数ポインタとクロージャの返却

皆さんのための何かがあるRustの機能の盛大な儀式です!さあ、飛び込みましょう!