パターンとマッチング

パターンは、Rustで複雑であれ、単純であれ、型の構造に一致する特別な記法です。match式や他の構文と組み合わせてパターンを使用すると、 プログラムの制御フローをよりコントロールできます。パターンは、以下の組み合わせで構成されます:

  • リテラル
  • 分配された配列、enum、構造体、タプル
  • 変数
  • ワイルドカード
  • プレースホルダー

これらの要素が取り組んでいるデータの形を説明し、それから値に対してマッチを行い、 プログラムに正しい値があって特定のコードを実行し続けられるかどうかを決定します。

パターンを使用するには、なんらかの値と比較します。パターンが値に合致したら、コードで値の部分を使用します。 コイン並び替えマシンの例のような第6章でパターンを使用したmatch式を思い出してください。 値がパターンの形に当てはまったら、名前のある部品を使用できます。当てはまらなければ、 パターンに紐づいたコードは実行されません。

この章は、パターンに関連するあらゆるものの参考文献です。パターンを使用するのが合法な箇所、 論駁(ろんばく)可能と論駁不可能なパターンの違い、 目撃する可能性のある色々な種類のパターン記法を講義します。章の終わりまでに、 パターンを使用して多くの概念をはっきり表現する方法を知るでしょう。