コメント

全プログラマは、自分のコードがわかりやすくなるよう努めますが、時として追加の説明が許されることもあります。 このような場合、プログラマは注釈またはコメントをソースコードに残し、コメントをコンパイラは無視しますが、 ソースコードを読む人間には有益なものと思えるでしょう。

こちらが単純なコメントです:


#![allow(unused_variables)]
fn main() {
// hello, world
}

Rustでは、コメントは2連スラッシュで始め、行の終わりまで続きます。コメントが複数行にまたがる場合、 各行に//を含める必要があります。こんな感じに:


#![allow(unused_variables)]
fn main() {
// So we’re doing something complicated here, long enough that we need
// multiple lines of comments to do it! Whew! Hopefully, this comment will
// explain what’s going on.
// ここで何か複雑なことをしていて、長すぎるから複数行のコメントが必要なんだ。
// ふう!願わくば、このコメントで何が起きているか説明されていると嬉しい。
}

コメントは、コードが書かれた行の末尾にも配置することができます:

Filename: src/main.rs

fn main() {
    let lucky_number = 7; // I’m feeling lucky today(今日はラッキーな気がするよ)
}

しかし、こちらの形式のコメントの方が見かける機会は多いでしょう。注釈しようとしているコードの1行上に書く形式です:

ファイル名: src/main.rs

fn main() {
    // I’m feeling lucky today
    // 今日はラッキーな気がするよ
    let lucky_number = 7;
}

Rustには他の種類のコメント、ドキュメントコメントもあり、それについては第14章で議論します。