慣例

前の章ではこのようなディレクトリ階層がありました。

foo
├── Cargo.toml
└── src
    └── main.rs

しかし同じプロジェクトで2つのバイナリが欲しいとします。その場合は?

cargoはこれもサポートしています。以前見た通りデフォルトのバイナリ名はmainですが、bin/ディレクトリに置くことで他のバイナリを追加できます。

foo
├── Cargo.toml
└── src
    ├── main.rs
    └── bin
        └── my_other_bin.rs

デフォルトバイナリや他のバイナリではなく、このバイナリをコンパイルや実行するようにcargoに伝えるには、cargo--bin my_other_binフラグを渡します。ここではmy_other_binが対象のバイナリの名前です。

バイナリの追加に加えて、cargoはベンチマークやテスト、サンプルなどのその他の機能もサポートしています。

次の章ではテストについてより詳しく見ていきます。