ハッシュマップ

ベクタ型が値を整数のインデックスで保持するのに対し、HashMapではキーで保持します。HashMapのキーはブーリアン、整数、文字列等のEqあるいはHashトレイトを保持する型なら何でもOKです。後でより詳しく見ていきます。

ベクタ型と同様、伸長可能ですが、HashMapの場合さらに、スペースが余っているときには小さくすることも可能です。HashMapを一定の容量のエリアに作成するときはHashMap::with_capacity(uint)を、デフォルトの容量で作成するときはHashMap::new()を用います。後者が推奨されています。

use std::collections::HashMap;

fn call(number: &str) -> &str {
    match number {
        "798-1364" => "We're sorry, the call cannot be completed as dialed. 
            Please hang up and try again.",
        "645-7689" => "Hello, this is Mr. Awesome's Pizza. My name is Fred.
            What can I get for you today?",
        _ => "Hi! Who is this again?"
    }
}

fn main() { 
    let mut contacts = HashMap::new();

    contacts.insert("Daniel", "798-1364");
    contacts.insert("Ashley", "645-7689");
    contacts.insert("Katie", "435-8291");
    contacts.insert("Robert", "956-1745");

    // Takes a reference and returns Option<&V>
    // 参照をとり、Option<&V>を返す。
    match contacts.get(&"Daniel") {
        Some(&number) => println!("Calling Daniel: {}", call(number)),
        _ => println!("Don't have Daniel's number."),
    }

    // `HashMap::insert()` returns `None`
    // if the inserted value is new, `Some(value)` otherwise
    // `HashMap::insert()`は
    // insertされた値が新しい場合は`None`を
    // そうでなければ`Some(value)`を返す。
    contacts.insert("Daniel", "164-6743");

    match contacts.get(&"Ashley") {
        Some(&number) => println!("Calling Ashley: {}", call(number)),
        _ => println!("Don't have Ashley's number."),
    }

    contacts.remove(&"Ashley"); 

    // `HashMap::iter()` returns an iterator that yields 
    // (&'a key, &'a value) pairs in arbitrary order.
    // `HashMap::iter()`は(&'a key, &'a value)
    // のペアを順不同で産出するイテレータを返す
    for (contact, &number) in contacts.iter() {
        println!("Calling {}: {}", contact, call(number)); 
    }
}

ハッシングやハッシュマップ(ハッシュテーブルと呼ばれることもあります)の仕組みについて、より詳しく知りたい場合はWikipediaのハッシュテーブルのページを見てください。