リテラルとオペレータ

整数1、浮動小数点1.2、文字(char)'a'、文字列"abc"、ブーリアンtrue、ユニット()は、リテラルを使用することで明示することが可能です。

また整数型の場合、リテラルの代わりにプレフィックスに0x0o0bを指定することでそれぞれ16進数、8進数、2進数を使うことができます。

可読性のため、_(アンダースコア)を数値リテラルの間に挿入することができます。例えば1_0001000と、0.000_0010.000001とそれぞれ同一です。

コンパイラに、どのリテラルを使用するのかを教えてあげなくてはなりません。現在の仕様では、リテラルが32ビット符号無し整数であることを伝える場合、u32サフィックスを、符号付き32ビット整数であればi32を使用します。

Rustで使用可能な演算子と、その実行順序は、Cなどの言語のものとほぼ同じです。

fn main() {
    // Integer addition
    // 整数の足し算
    println!("1 + 2 = {}", 1u32 + 2);

    // Integer subtraction
    // 整数の引き算
    println!("1 - 2 = {}", 1i32 - 2);
    // TODO ^ Try changing `1i32` to `1u32` to see why the type is important
    // TODO ^ 型が重要であることを実感するため`1i32`を`1u32`に変更してみましょう。

    // Short-circuiting boolean logic
    // 単純な論理演算子
    println!("true AND false is {}", true && false);
    println!("true OR false is {}", true || false);
    println!("NOT true is {}", !true);

    // Bitwise operations
    // ビットワイズ演算
    println!("0011 AND 0101 is {:04b}", 0b0011u32 & 0b0101);
    println!("0011 OR 0101 is {:04b}", 0b0011u32 | 0b0101);
    println!("0011 XOR 0101 is {:04b}", 0b0011u32 ^ 0b0101);
    println!("1 << 5 is {}", 1u32 << 5);
    println!("0x80 >> 2 is 0x{:x}", 0x80u32 >> 2);

    // Use underscores to improve readability!
    // 可読性のための`_`(アンダースコア)の使用
    println!("One million is written as {}", 1_000_000u32);
}