依存関係

ほとんどのプログラムはライブラリに依存関係を持ちます。もし依存関係を手動で管理したことがあれば、それがどれだけ苦痛であるか分かるでしょう。幸運なことに、Rustのエコシステムにはcargoが標準装備されています!cargoによってプロジェクトの依存関係を管理することができます。

Rustのプロジェクトを新しく作るには下記のようにします。

# A binary
# バイナリ
cargo new foo

# OR A library
# またはライブラリ
cargo new --lib foo

この章の残りでは、ライブラリではなくバイナリを作ることを想定しますが、コンセプトはすべて同じです。

上のコマンドを実行すると、次のようなファイル階層ができます。

foo
├── Cargo.toml
└── src
    └── main.rs

main.rsがこの新規プロジェクトのルートのソースファイルです。なにも新しいことはありませんね。Cargo.tomlはこのプロジェクト(foo)のcargoの設定ファイルです。中を見てみるとこのようになっています。

[package]
name = "foo"
version = "0.1.0"
authors = ["mark"]

[dependencies]

[package]の下のnameフィールドがプロジェクトの名前を決定します。これはクレートを公開するときにcrates.ioによって使われます(詳細は後述)。またコンパイルしたときの出力ファイルの名前でもあります。

versionフィールドはクレートのバージョン番号で、セマンティックバージョニングを使っています。

authorsフィールドは作者のリストで、クレートを公開するときに使われます。

[dependencies]セクションにはプロジェクトの依存関係を追加できます。

例えば、プログラムに素晴らしいCLIが欲しいとします。crates.io(Rustの公式パッケージレジストリ)には素晴らしいパッケージがたくさんあります。よくある選択肢の1つはclapです。この記事を書いている時点でのclapの最新の公開バージョンは2.27.1です。依存関係をプログラムに追加するには、Cargo.toml[dependencies]の下にclap = "2.27.1"と単に書き加えます。これだけです!clapをプログラム内で使用できます。

cargo他の形式の依存関係もサポートしています。その一部を示します。

[package]
name = "foo"
version = "0.1.0"
authors = ["mark"]

[dependencies]
clap = "2.27.1" # from crates.io
                # crates.ioから
rand = { git = "https://github.com/rust-lang-nursery/rand" } # from online repo
                                                             # オンラインのレポジトリから
bar = { path = "../bar" } # from a path in the local filesystem
                          # ローカルのファイルシステムのパスから

cargoは依存管理ツール以上のこともできます。Cargo.tomlformat specificationに全ての設定オプションがリストアップされています。

プロジェクトをビルドするには、プロジェクトディレクトリのどこか(サブディレクトでも!)でcargo buildを実行します。またcargo runでビルドと実行をできます。これらのコマンドは、全ての依存関係の解決、必要なクレートのダウンロード、自分のクレートを含む全てのビルドを行うことに注意してください。(makeと同様、まだビルドしていないものだけをビルドします。)

Voila!これで完成です!